店長コラム

IMG_5452

IMG_5453

IMG_5446

こんちは!

今日まで開催中のカートラジャパン出展中です。http://cartra.jp/

趣味の遊び部屋、小屋をテーマに展示しています。

間口が3600ありますのでカーポート、ガレージとしてもOKです。

色んな楽しいが想像出来ちゃいます。

是非皆さんの楽しみに加えてくださいね!!




IMG_5419




native unit
株式会社 神山工業所が展開するオリジナルブランドである。
日本ではなじみのないアーチビルディングを日本で普及するべく北米カナダの 大手製造メーカーとのコラボレーションにより、日本に最良のアーチビルディングを輸入販売しています。
文化の融合する北米大陸のあらゆる可能性を実現する アーチビルディングを継承します。 多様な文化に誇りを持つネイティヴの智慧と経験を活かしグットパフォーマンスを お届けします。
こんちは!

ネイティブユニットはどんな感じで建築されるんだろう?

想像つかないと思いますので今日は建て方をご紹介いたします。


IMG_0767
IMG_0770



建物サイズにもよりますがまずは壁となるパネルを組み上げます。

それから屋根となるarchの部分を吊り込み組上げます。

アーチ部分は数パネルから成り立っており、地面で1アーチを仮組しておきクレーン車で吊り込みします。

これで壁と屋根が出来上がりです。

2X4住宅の建て方に似ていますよね!

あとは必要な長さになるまでアーチを連結させていきます。

なんて画期的なんでしょう!

写真を見て頂いてもわかるように、建物外周に大掛かりな足場が必要ありません。

これだけでも予算減になりますよね!


IMG_0778


まだまだ沢山 native unitの魅力を発信していきます。


広めよう! 普及させよう! 日本に新たな文化を定着させよう!


皆さん応援よろしくお願いします。
55880b5d25aa2221dc36d1a0a5f16685



native unit とは何だろう??



Arch building is an innovative buiding with freedom and efficiency     

         アーチビルディングは自由度が高く効率の良い斬新な建物である。



一言でいえばこんな建物です。

ここ数年全国各地のイベントに出展してきていますがほとんどの方が「初めて見た!」と言います。

何故だろう? なぜ普及しないんだろう?

やはり日本は立派な柱、梁などを用いた日本建築の国だからだろうと思います。

アーチビルディングに関しては諸々規則はありますが、基本柱、梁が要らない建築様式です。
IMG_0005
このように通常中間に立つ柱などを必要とせず自立する建物です。

日本建築のような柱、梁を巧みに用いる構造がありません。

これがやはり日本人の方に受け入れずらい要因ではないかと考えています。

これは仕方無いですよね。

ログハウスが日本に入ってきたときもきっと「なんだあの丸太小屋は!!」

2X4住宅の時も「なんだ壁しかねぇじゃねぇか!!」

でも普及しました。

両社ともメリットが受け入れられたと言う事です!

アーチビルディングも同じです。

これからアーチビルディングのメリットを沢山アピールしていきます。


広めよう! 普及させよう! 日本に新たな文化を定着させよう!

皆さん応援よろしくお願いします。



こんちは!

今日はWood Deckのお話ではなく神山工業所の一事業であるnative unitについてご紹介いたします。

native unit
株式会社 神山工業所が展開するオリジナルブランドである。
日本ではなじみのないアーチビルディングを日本で普及するべく北米カナダの 大手製造メーカーとのコラボレーションにより、日本に最良のアーチビルディングを輸入販売しています。
文化の融合する北米大陸のあらゆる可能性を実現する アーチビルディングを継承します。 多様な文化に誇りを持つネイティヴの智慧と経験を活かしグットパフォーマンスを お届けします。



アーチビルディングの存在を知り5年間あっという間でした。

知れば知るほど夢中になり、「どうして日本で普及しないんだろう??」

と疑問が募るばかりでした。

であれば私が広めよう! 普及させよう! 日本に新たな文化を定着させよう!

と大きな野望を持ち日々活動しています。

無理だ無理だと周りからは言われ続けましたが今では徐々に広まりつつあります。

これから色々お話していきたいと思います。

皆さん応援よろしくお願いします。


では!


IMG_4471
scroll-to-top