店長コラム

代表取締役 神山直紀です。

仕事ではタイルの世界からエクステリア、リノベーション、輸入事業と
実績を積みながら視野を広げお客様に幅広い分野の提案を出来るよう邁進してきました。
image11
2016年にオリジナルブランド『native unit』(ネイティヴ ユニット)を立ち上げ、日本各地に展開しています。
2018年にはオリジナル小屋「HUT」をマイク眞木さんのご自宅に建てました。(写真は当社イメージキャラクター『マイク眞木』さんと百貨店イベントにてパチリ)

趣味はアウトドアと食べるコト。休みの日は家族とキャンピングカーで出かけたり、冬であれば薪ストーブクッキングを楽しんでいます。
イベント出展で全国をまわりながら、地元の方に美味しいお店を教わることが秘かな楽しみです。
ブログではそんな趣味ネタもありますので楽しんで頂ければ嬉しいです。
IMG_7431
こんちは!

ガレージセール大好評です。

かなりお得なこのチャンス皆さん見逃してないですね~

今はやりのカスケードガレージももちろんカッコイイですが本家本元アメリカンガレージは

まさにnative unitのアーチビルディング!

ただし値段がカスケードに比べてしまうとかなり高額なガレージ・・・

そんなガレージをこの機会に見逃さずにゲットできるこのチャンスは見逃さないでくださいね。

この勢いで在庫に無いモデルもガレージセール価格に負けないくらいの価格で販売しちゃいます!!

こんな事書けるの社長の特権ですね^^

さて倉庫移設に伴い植栽達も移設になります。

写真の大型のソテツも移設と相成りました。

大きいですよ~

移設する際にはやはり根巻きをしないとまずいのでしっかりと根巻いております。


IMG_7378
IMG_7381
デカいです!!

こんなの庭にあったら超カッコいいです。

このソテツもガレージセールとして販売します。

お得ですよ~

このソテツは気に入っているので計画中の展示場の入口に植えようと考えております。

かなりパンチがあってカッコいいですから。

なので私が植えてしまった時点で販売終了です。

ガレージもソテツもこのチャンスお見逃しなく!!

では!
IMG_6770
Hut☜クリック
「Hut」(ハット)は室内が10m2以下の建築確認が要らないモデルです。(特定の地 域を除く) 内装は全てを完成させません。DIYが好きな方に自分自身で作り上げてもらうをコン セプトにしています。 前後の妻壁も塗装が出来るタイプです。 10㎡以下と言うスモールサイズですが実際に部屋に入ると程よい 空間になり色々な使い方に対応できると思います。 搬入姿はパレットに梱包されており、軽トラックなどでも 運べるサイズです。 施工する際にも大掛かりな機材、足場等も必要としないので 建築場所を選ば無いのも特徴の一つです。
native unit ☜クリック
株式会社 神山工業所が展開するオリジナルブランドである。 日本ではなじみのないアーチビルディングを日本で普及するべく北米カナダの 大手製造メーカーとのコラボレーションにより、日本に最良のアーチビルディングを輸入販売しています。 文化の融合する北米大陸のあらゆる可能性を実現する アーチビルディングを継承します。 多様な文化に誇りを持つネイティヴの智慧と経験を活かしグットパフォーマンスを お届けします。
こんちは!

今日は造形モルタルについて少しお話したいと思います。

もともとは海外の技術だそうです。

アメリカはコンクリートやモルタルの技術の先進国です。

日本の伝統は土壁や京壁や漆喰など蔵やお城などに使われる技法ですよね。

ただし日本の技法は職人の技術がかなり高く長い修業期間を経て一人前になります。

その点造形モルタルに関しては左官の技術はそうでもありません。

建築の技術でも同じでアメリカ、カナダなどは2X4住宅やアーチビルディングも

熟練した技術は必要なく建てる事が出来ます。

ここでも日本古来の宮大工の仕事や木造住宅などは技術力あって初めて建てる事が出来ますよね。

ただし造形モルタルは技術より感性、センスが物を言います。

洋服でもなんでもmade in USA はカッコいいですもんね!

まぁそんな事はさておき今回どうして造形モルタルを取り入れたかです。

私正直造形モルタルやスタンプコンクリートなどと言った技法は好きじゃありませんでした。

誰がやっても同じ仕上がりで個性がなくつまらない仕上げ方だなと思っていました。

まぁそれは偏見でしたね。

造形モルタルとスタンプコンクリートが同じ技法と思っていました。

それと今回の現場でのプランニングが重厚感のあるたたずまいを表現したかったのです。

大きめの石積み、海外のお城の様な石積みを表現したかったのです。

となると実際にそんな仕上げをしたら予算がとんでもない事になるしそもそもそんな仕事を

出来る職人も私の周りではいません。

そこで造形を取り入れる事にしました。

初めて見る造形技術には感動致しました。

材料などは普段から使っている材料です。

でも材料の使い方、鏝の使い方でこんな技術が出来るのかと・・・

スタンプ技術は同じ柄が定期的に入ってきます。ハンコ押すのと同じ要領ですが、

造形は作る人それぞれで同じ柄は一つもありません。

全て職人の手によって生まれる造形です。
IMG_7351

IMG_7347
まだ途中段階の仕上げ前ですがこれが造形です。

いやぁ お見事です。

職人の技術です。センスです。

また私の今後のプランも広がりが出そうです。

造形モルタル遅らばせながら今後も取り入れていきたいです。

では完成まで今しばらくお待ちくださいね!!

では!
リユース可能なアメリカンガレージ解体から只今クリーニング中です。

先日もお話ししましたがクリーニングするとピカピカの新品同様になります。

お見積りにはクリーニングの項目は入れておりませんがやはり綺麗なピカピカで

作りたいですからね^^

でも次からは項目に入れたいと思います^^
IMG_7360
どうですか?

5年経ったものとは思えないピカリ具合!

新品同様ですね!

移設、リユース、譲渡、下取り可能なnative unitのアメリカンガレージどうですか!

是非この機会にお問合せお待ちしております。

ガレージセールの在庫祭り、まだありますのでお問合せ下さいね!

超お得な金額での販売ですよ~

ではではこの辺で^^
IMG_1213
こんちは!

先日からガレージセールとして倉庫移転に伴い在庫ガレージユニットの販売をしておりますが

なかなか好評です。

そりゃ通常の販売価格よりかなりお得な価格での販売なので大チャンスです。

それでも残った商品は新展示場のモデル棟になります。

こんなこと言ってますが展示モデルはもう決めております。

一度に全部は建てませんがカッコいい展示場になると思います。

考えただけでわくわくです。

またカスケードガレージの展示棟も計画しておりますのでお楽しみに!!


IMG_9706
Hut☜クリック
「Hut」(ハット)は室内が10m2以下の建築確認が要らないモデルです。(特定の地 域を除く) 内装は全てを完成させません。DIYが好きな方に自分自身で作り上げてもらうをコン セプトにしています。 前後の妻壁も塗装が出来るタイプです。 10㎡以下と言うスモールサイズですが実際に部屋に入ると程よい 空間になり色々な使い方に対応できると思います。 搬入姿はパレットに梱包されており、軽トラックなどでも 運べるサイズです。 施工する際にも大掛かりな機材、足場等も必要としないので 建築場所を選ば無いのも特徴の一つです。
native unit ☜クリック
株式会社 神山工業所が展開するオリジナルブランドである。 日本ではなじみのないアーチビルディングを日本で普及するべく北米カナダの 大手製造メーカーとのコラボレーションにより、日本に最良のアーチビルディングを輸入販売しています。 文化の融合する北米大陸のあらゆる可能性を実現する アーチビルディングを継承します。 多様な文化に誇りを持つネイティヴの智慧と経験を活かしグットパフォーマンスを お届けします。
scroll-to-top