ブロックやレンガに白っぽいものがついています。

白華現象と呼ばれるものです。

 

コンクリート内部(表層部)に進入した水分が蒸発する際に、

石灰分、空気中の二酸化炭素とともに表面に染み出し固まります。

 

構造上の強度にはまったく問題がなく、生成物も無害なのですが、

見た目には汚く感じてしまいます。

 

成分は炭酸カルシウムなどでできているので、

塩酸を含むトイレ用洗剤などである程度落とすことができますが、

完全には落ちない為、白華現象がひどい場合はマイナスドライバーなどを使い削り落とすのが有効です。